ブーケ 手作り 造花 / JDブライダル 北海道 札幌

info
info004
.
.
HOMEブライダル豆知識

知ってると便利で楽しいブライダルに関するプチ情報,Q&Aです!

 

ブーケの種類

ラウンド
花を丸く、半円形にまとめたブーケ。
花材、色、サイズの選択でドレス対応のきくスタイルです。
バラなどを固めにつめれば可愛らしくなり、コスモスなどの野草タイプでふんわりと優しさを出すことも出来ます。
花嫁さんに一番人気です!
ティアドロップブーケ

ふっくらとボリュームを持たせた”涙のしずく”という意味のブーケ。
適度なボリュームとリズミカルなシルエットが魅力です。
厳粛なドレスやすっきりとしたシルエットのドレスに似合います。

キャスケードブーケ

小さな滝という意味を持つブーケ。
上から下に向かって流れるボリューム感のあるフォルムが最大の特徴です。
バラ、ユリ、ランなど格のある花を用いるとエレガントな印象に仕上ることが出来る正統派ブーケです。
豪華でボリューム感のあるドレスやトレーンをひくようなオーソドックスなドレスによく似合います。

クレッセントブーケ

フランス語で三日月という意味を持つブーケ。
美しいカーブが特長で持つ方次第で、エレガントにもチャーミングにも見せられる正統派です。
シンプルなドレスやAラインのドレスに似合います。

クラッチブーケ

花々をさりげなく束ねたナチュラル感いっぱいのブーケ。
スレンダーラインやマーメイドラインのドレスに良く似合います。

シャワーブーケ

花のナチュラルな風合いを生かし、シャワーのように軽やかで動きのあるデザインです。
スカートがふんわりしたドレスに似合います。

トスブーケ
トスブーケ

花嫁様からよくあるご質問です。
「トスブーケは生花じゃなくてはだめですか?」
→もともとトスブーケは花嫁様が持ったブーケを独身の女性に最後にトスするのが習わしでしたがここ数年前よりトス用として別にご用意する方がとても多いです。花嫁様が持ったブーケ=同じお花 ということでもし生花のブーケでしたら生花で、造花の場合は造花でお作りすることをお薦めします。最近はブーケプルズの方が人気があるようです。(生花のブーケ結構重いので投げると危ないかもしれませんね)

ガータートス

ブーケトスは花嫁様から独身の女性にトスしますがガータートスはゲストの前で新郎が新婦の足に付けておいたガータ-をはずし独身の男性に向けトスします。盛り上がるようですが、かしこまったパーティー向きではありませんよね。

その他
花を球形にまとめたキュートなスタイルのボールブーケやレストランウエディングなどにぴったりのバック型のブーケ。
また、基本の形にとらわれない自由な発想、花嫁さんの個性を大切にデザインしたフリースタイルなどがあります。

 

ブートニアとは?

こちらも良くあるご質問、「新郎のタキシードの色が○○何ですがブトニアは何色が良いでしょうか?」
昔々ヨーロッパでは男性がプロポーズの際、野に咲く花を摘み女性にその花束を差し出し求婚をしたそうです。
女性がプロポーズの申し出をお受けする時、その花束の中から1輪を折り男性の胸元に挿したのが始まりとのこと。
そんな訳で、新郎のブトニアはタキシードの色で決めるのではなく、花嫁のブーケの中にあるお花と同じもので製作するという決まりがあります。

 

リングピロー

「これって挙式が終わったらその後どうするんですか?」
海外では昔リングピローは生まれてきた赤ちゃんの初枕として使用したそうです。
アメリカやヨーロッパのピローは日本に比べシンプルなものが多いのでなるほど初枕として使えるかもしれませんね。

 

ウエディングドレス

ドレスと言えばレンタルが主流ですが実は新品を購入した方がはるかにお安いです。素敵なドレスが70,000円代から買うことができます。

「その後どうするの?邪魔になりそう」と言う声もよく聞かれますが、ドレス御使用後は真空にし保存することが出来ます。なんと座布団1枚の大きさになってしまします。

アメリカ、ヨーロッパではこれもまた赤ちゃんのドレスに作り直し使用したそうです。

 

永遠の誓いの結婚指輪

古代ローマでは「愛の静脈」と呼ばれる特別な静脈が左の薬指から直接心臓に通じていると信じられていたことからローマ人を通じキリスト教の結婚式に受け継がれたと言われているそうです。

今ではほとんどのカップルが指輪の交換をしていますよね。

 

花嫁のラッキーアイテム

日本でもすっかりおなじみのサムシングフォーのおまじない。

200年以上も前よりヨーロッパで語り継がれている、花嫁もゲストの方も幸せになれるというおまじないなんですよ☆ぜひお式当日に取り入れてみてはいかがでしょうか?

英国の古い詩の中から生まれたサムシングフォー

1. Something Old ・・・何か古いもの・・・家族から受け継いだもの、イヤリング、ネックレスなど。
2. Something New・・・何か新しいもの・・・ウエディングドレスを初めとする身の回りのアイテムなど。
3. Something Borrow・・・何か借りたもの・・・ベール、ハンカチ、ポーチなど。
4. Something Blue・・・何か青いもの・・・聖母マリアのシンボルカラーのブルー。女性の慎みと誠実を象徴する色と考えれれていたようです。

下着やガーターベルトなど、真っ白のバラにブルースターを入れたブーケも人気です。

 

ブーケの価格について

当店へいらっしゃる花嫁様から「ホテルのブーケが高くってびっくりしました」とよく耳にしますが、ホテル、教会など会場のブーケはほとんどの場合、注文を受けてから提携先の花屋さんへ外注となり、その分手数料を上乗せされている為です。

その上乗せ分(マージン)も価格に含まれている為どうしても高くなってしまいます。

押し花、ドライボトルに関しても同じことです。
「価格が高い分花材も上質なんでしょうか?」
いいえそんなことはありません、それどころか押し花等ご注文の花嫁様から他店(ホテル)の持ち込みブーケもよく入ってきますがコスト削減かキャスケードブーケの小さいのにはちょっと驚きです。
ちなみにJ.Dのブーケはボリューム感&納得の安心プライスが自慢です(*^v^*)ぜひ比べてみてくださいね!

 

トスブーケの色について

「トスブーケの色は何色でも良いんでしょうか?」とか「トスブーケは生花じゃなければダメですか?」とのご質問を度々いただきます。
20~30年も前ですと花嫁はご自分のブーケをそのままトスするのが慣わしでしたが、近年ではほとんどの方が「自分のブーケをあげるのは嫌、取っておきたい}との理由から
トスブーケ(プルズブーケ)を別にご用意するのが一般的になっています。
【トスブーケは幸せのおすそ分け、次に結婚するのは貴方】の意味あいから花嫁と全く同じものでご用意するのが一般的です。
たとえば花嫁のブーケが生花なら生花の同じ色見のトス(プルズ)シルクフラワーブーケなら同じくシルクでと言った感じです。
近年トスブーケはただ投げてあげちゃうだけなのでここにお金をかけたくないと言う花嫁が多いです。
そんな花嫁には花束風ブーケがお薦め。花嫁ブーケと同じ色合いでチュールやリボンをつけ可愛く仕上げます¥3,000(税抜き)で製作していますの でお気軽にご相談ください。

 

ブトニアのはなし

こちらも良くあるご質問、「新郎のタキシードの色が○○何ですがブトニアは何色が良いでしょうか?」
昔々ヨーロッパでは男性がプロポーズの際、野に咲く花を摘み女性にその花束を差し出し求婚をしたそうです。
女性がプロポーズの申し出をお受けする時、その花束の中から1輪を折り男性の胸元に挿したのが始まりとのこと。
そんな訳で、新郎のブトニアはタキシードの色で決めるのではなく、花嫁のブーケの中にあるお花と同じもので製作するという決まりがあります。

 

花嫁はストレスだらけ?

日常花嫁やお母様と打ち合わせやレッスンの際色々とお話しする機会が多いですが
多くの花嫁が同じことをつぶやきます。
「自分達だけがこんな嫌な思いしているんだろうか?」とか「他のカップルはどうなんだろうか?」とかしばしば質問を受けます。
皆さんこんなに多くの方が同じ思いをしておられるのかと感じこれから挙式をあげられる花嫁の参考になればと簡単に記載させてただ来ます。結婚式に向け準備を進める中で楽しいはずのウェディングがとても大きな不安やストレスになっていると言う現実。その中で一番の不満が金額について、最初の見積もりと最終打ち合わせの見積もりのあまりの違いにため息。
人の心理として高い価格が交渉して下がっていくなら嬉しいけど、最初に安い価格で引き寄せ、その後追加料金でどんどん価格を吊り上げていくやり方に納得がいかないようです。
持ち込み料も同じこと「せっかくここの会場を選んだのに、高いお金を払っても、あれはダメこれはダメでは納得がいかない」と漏らす花嫁が多いです。
ちなみに東京ではいち早く持ち込料フリーにしたことで、人気が集まり逆に売り上げを伸ばしている会場が注目され、全体的に持ち込料フリー傾向が増えているそうです。

 

プリザーブドに検疫!!

開店13年目の出来事、以前サイパンでの海外挙式でプリザーブドブーケを手作りされた花嫁さまから後日連絡があり「手配会社からブーケの検疫の話をされたんですが持ち込み大丈夫でしょうか?」のお問合せ
「プリザに検疫!?」初めて聞く話に正直驚きました!!
サイパンは初めてでしたが今までハワイ・グアム挙式でプリザーブドブーケをお持ちになった花嫁はどれだけいらしたでしょう。
プリザーブドに検疫がある事も聞いた事がありませんでしたし、検疫に引っかかった話も聞いた事がありませんでした。
他の花関係者に聞いても「え?聞いた事がない」との返答。取り急ぎ色々調べた結果、没収されたかどうかの記載はありませんが事実過去には検疫に引っかかる話もあったそうです。花嫁によると事前に札幌市の植物検疫所に持ち込んで見せたそうですが、「たぶん大丈夫だと思うけど、現地の検疫官の判断なのではっきり分からない」との回答だったそうです。
挙式後連絡が取れずそのままになってしまい実際どうだったのかは謎のままですが、詳細はネットで「プリザーブド検疫」と検索すると植物検疫所のHPに記載されていますので参考にされて見て下さい。

 

花嫁様からよくある質問

ブーケで生花とアート(プリザ)どちらが人気ありますか?

昔はブーケ=生花が多かったですが、J.Dオープン後も年々アートフラワーのご注文が増え今ではオーダーのうち6割アート(プリザ)のブーケを製作しております。 やはり挙式後いつまでも取って置けるのが最大の理由のようです。

ブーケはいつまでにオーダーすればいいですか?

花材、資材等の準備、製作等がありますので、出来れば生花、アート共にご使用になる1ヶ月程前にご注文いただけるのがベストかと思います。 アートフラワーの場合打ち合わせをしドレスに合わせた色あわせをしますが、使用したい花材が欠品等ということもあります。 また製作が重なる場合が度々ありますので早めの方がよろしいかと思います。
生花の場合は通常蕾の状態で入荷し、製作にあわせ7~8分咲き状態に開かせるため挙式より1週間を切った場合のオーダーはお受けしておりませんので予めご了承願います。

.

.